コンテンツマーケティングに関して、「とりあえず始めてみたけれど、面倒だし、なかなか効果が出ない。続ける意味ある?」と不満を感じていませんか?

コンテンツマーケティングの良い面は「あまりお金をかけなくてもスタート・運用できる」「ネット上に蓄積されて、見込み客の目に留まりやすい」などがあります。一方で、高品質なコンテンツを継続的に作成するには時間と専門知識が必要です。

この記事では、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットを詳しく解説します。最後まで読めば「継続するべきだ」ときっと納得できるはずです。

コンテンツマーケティングのメリット

まずはコンテンツマーケティングに取り組むことの主なメリットを確認しましょう。

初期投資を抑えられる

コンテンツマーケティングは低予算でも始められます。例えば、自社のWebサイトを立ち上げる場合、WordPressなどのCMSを利用すると開発に関わる費用を大幅に削減できます。Wordpressテーマは無料のものも多いですし、サーバーやドメインの費用も比較的低コストで済みます。

コンテンツ制作においても、社内スタッフに任せれば追加の費用がかかりません。「初期段階では社内リソースを活用し、サイトが成長し始めたら制作会社やライターに委託する」といった戦略も可能なのです。

 

安定した集客が見込める

一度公開したコンテンツは長期間にわたってインターネット上に残り続けます。ウェブ広告やマス広告と異なり、掲載し続ける限り集客効果が見込めます。

特に、SEO対策を施したコンテンツは、検索結果で上位に表示される可能性が高くなります。潜在顧客の目に留まりやすく、新しい訪問者を引き寄せ続けます。コンテンツマーケティングは会社の資産として蓄積されていくため、長期にわたる集客効果が期待できるのです。

 

信頼性をアピールできる

顧客にとって価値のある、専門的かつ実践的な情報を提供し続けましょう。そうすることで、読者に「この会社は有益な情報を提供してくれる信頼できる会社だ」「このサービスは類似サービスと違う。私のことを理解している」といった印象を与えられます。

会社やサービスのファンを作り出し、長期的な関係が始まるきっかけとなるでしょう。

 

外注先を探しやすい

「コンテンツマーケティングを始めたが、社内リソースが限られている」と悩んでいませんか?そんな方も安心してください。コンテンツマーケティングを得意とするライター・制作会社・コンサルタントは多く、外部に作業を委託するのが簡単です。

専門家にサポートを依頼すれば、高品質なコンテンツを定期的に提供してもらえます。自社のスタッフはコンテンツの制作にかかる時間と労力を削減し、他の重要な業務に集中できるようになります。

 

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングにはメリットだけでなくデメリットも存在します。デメリットを解消するためのヒントも合わせて説明します。

 

結果が出るまでに時間がかかる

残念ながら、コンテンツマーケティングは効果がすぐにはあらわれません。一般的に、成果が目に見えてくるまでには半年から1年かかるとされています。広告キャンペーンのように短期間での成果を期待しても、満足のいく結果が得られない可能性が高いでしょう。

コンテンツマーケティングは、制作と公開を継続的に行い、定期的に成果を評価し、改善を加えるという手法です。このプロセスを通じてこそ、企業は信頼性の高い情報源としての地位を築き、潜在顧客との関係を深められます。コンテンツマーケティングを始める際には、長期的なビジョンを持って取り組むことが重要です。

 

コンテンツを作り続ける必要がある

コンテンツマーケティングでは、「1記事(1投稿)公開すれば終わり」というものではありません。新しいコンテンツの公開、さらに既存コンテンツの更新を定期的に行わなければいけません。

つまり、コンテンツマーケティングでは人的なリソースと資金が欠かせないのです。社内に専門スタッフがいない場合や他の業務で忙しい場合は、外部のライターや制作会社に委託するのもひとつの解決策です。中長期的な視点でコンテンツ制作の体制を整え、コンテンツマーケティングの真の価値を引き出しましょう。

 

幅広い知識が求められる

コンテンツマーケティングの成功には、多岐にわたる知識とスキルが求められます。例えば、魅力的な記事を作成するためにはライティングスキルが、動画コンテンツを制作するには動画編集スキルが必須です。

さらに、単なるコンテンツ制作に留まらず、マーケティング戦略の立案にも深い知識が必要です。想定対象者(ターゲットオーディエンス)の設定から始まり、競合分析・キーワードリサーチそしてコンテンツカレンダーの作成など、計画的かつ戦略的なアプローチが求められます。また、公開したコンテンツのデータ分析を行い、施策を立案する作業も発生します。

社内ですべてをカバーするのはほぼ困難と言えるでしょう。ぜひ外部の専門家との協力を検討してください。専門的な知識を持つプロと連携することで、コンテンツマーケティングの品質と効果を改善できるでしょう。

 

まとめ

「コンテンツマーケティングを続けるべきかどうか」と考えている経営者様へ。このマーケティング手法は時間がかかるものの、継続した会社だけが大きな成果を得られます。ただ、自社ですべてを行うのは現実的ではありませんので、専門家との連携を検討してください。

弊社ジィクレブはコンテンツマーケティングを全面的にサポートします。戦略の立案から実行、継続的なフォローまで、貴社の成功をサポートすることが私たちの使命です。コンテンツマーケティングに関するお悩みや質問があれば、いつでもご相談ください。